ハデなシャツ着た

ゴー!ゴー!ワクワクキャンプより
小さな色紙みたいな絵葉書三枚セットが入ってきました♪
ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ チャリティーカードセット
民話や昔話のような懐かしい絵のタッチ、色紙みたいな型がいいなぁ!
そしてそれぞれの絵のタイトルがおもしろい。
ハデなシャツ着たウサギって案外悪い奴なのね。

こちらの絵葉書セットは、
『12人の絵本作家が描くおうえんカレンダー2018』の
9月の原画(ふしはらのじこさん作)を元に作られました。

それで、『12人の絵本作家が描くおうえんカレンダー2018』って、
何を応援するかというと、それは「子ども被災者支援基金

2011年3月11日の東日本大震災で発生した
原子力発電所事故で漏れてる放射能の影響から
少しでも離れる時間を作るための
「保養」の大切さを広く知っていただくために、
また、国が何にも動かないという中で、
各地で行われてるボランティアベースの
「保養」キャンプなどの支援のために
「子ども被災者支援基金」は設立されました。

そちらに『12人の絵本作家が描くおうえんカレンダー2018』の
売り上げが寄付されています。すばらしー!

そんな、各地で実施されてる「保養キャンプ」のひとつ、
ゴー!ゴー!ワクワクキャンプは、ただいま写真展を寺町のジョイント・ほっとさんで3月12日(月)まで開催中です。

3月9日(金)17時からは、堀切さとみ監督の「原発の町を追われて3」上映会後、
「保養ってなんだろう?どうして必要なの?」ということから
保養を実施することにまつわるモロモロのことまで、
のんびりとした「ゴーワク」の雰囲気のなかでお話し会が開かれますよ。
参加費800円(ワンドリンク込み)
この機会にぜひお話し聞きにいってみてください。

キトゥンカンパニーで販売中の絵葉書三枚セットで
ゴー!ゴー!ワクワクキャンプへの支援もよろしくお願いします!

Leave a Reply