ゴホンとでたら

ゴホン、春は乾燥しがち。
大気中に排気ガスとか黄砂とかいろんなものが漂ってきます。
いがらっぽい喉、お大事に!

メニューにもある「スロートコート」を飲んだり、
「イスクラ板藍のど飴」をなめたり。
春の咽喉いたに効きそうなもの
包み紙はスイスのハーブのあめちゃん。
先日いらっしゃった、インド古典の声楽家 Marina Ahmad さんに習ってらっしゃる
NYのサチコさんにいただきました。
声を使うかたのオススメでのどスッキリ♪

Leave a Reply